個人でハメ撮りを撮影するうえでの注意点とマナー


個人でハメ撮りを撮影するうえでの注意点とマナー


 

女性とハメ撮りしたいと思った時、ほとんどの男性が「ハメ撮りへの誘い方」を考えます。もちろんそれも大切ですが、忘れてはいけないのがハメ撮りする時の注意点やマナーです。

これを疎かにするとせっかくハメ撮りできても印象は最悪で、二度と撮影させてくれないでしょう。彼女や奥さんといった親しい関係で撮影する場合でも、しっかりマナーを守って撮影してください。

 


ハメ撮りでオマンコだけ撮影すると彼女を怒らせる


ハメ撮りの魅力はヤッているところを撮影できる生々しさですから、どうしてもオマンコを突いているところをアップで撮りたくなるものです。でもそれは女性を怒らせる厳禁行為になります。

だって女性からすれば、「アソコしか撮らないなら私じゃなくてもいいんじゃない?」と思えてしまうからです。

つまり、突いているところだけをひたすら撮ると、誰でもいいからハメ撮りしたかった感満載の映像になってしまい、女性に不快感を与えてしまうのです。

恥かしいからという理由で、アップを嫌う女性も多いようです。その場合はカメラを近づけるのではなく、カメラを離しズームを使いましょう。(これで相手にはバレませんw)

彼女に安心してもらうという意味でも、自分も顔出しで映るということが最も大切です。ハメ撮りというと聞こえが悪いですが、エッチな撮影も、旅行などの記念撮影の一環だというノリですね。

 


ハメ撮りの映像は自分達だけで楽しむのがマナー


ハメ撮りすると誰かに見せたくなりますが、それは重大なマナー違反です。ハメ撮りの映像はあくまでも個人、もしくは撮影したパートナーとだけ鑑賞するようにしてください。

ノリで第三者に見せたりネットに流したりすると、マナー違反どころか犯罪行為になってしまいます。例え親しい友人相手であったとしても、パートナーに無断でハメ撮りした映像を見せてはいけません。

 


ハメ撮りして彼女を興奮させることを狙おう


せっかくハメ撮りするなら、単に自己満足のためだけでなく彼女も興奮するくらいの撮り方をしてやりましょう。ハメ撮りされた彼女が喜ぶか疑問に思うかもしれませんが、撮り方次第では女性も興奮します。

ポイントは彼女を恥ずかしがらせることで、羞恥の気持ちはやがて快感へと変化するからです。見事女性を興奮させることができれば、ハメ撮りからさらにステップアップした過激なプレイも期待できるようになります。

 


マナーを守ればよりエロい撮影が可能に


注意点やマナーを厳守すれば、女性はハメ撮りさせることに安心感を覚えます。その結果、素直にハメ撮りを楽しめますし、それに慣れることでより過激なプレイを受け入れてくれるようになります。

ハメ撮りは最高です。彼女とのハメ撮りはどんなAVよりも興奮しますよ。是非トライしてみてくださいね。

 

  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP